ivataxiの日記

絵 文章 映画

山下清 画伯

 

山下 清

(やました きよし、本名:大橋清治 1922年3月10日 - 1971年7月12日)は、日本の画家。日本中を放浪していたことで知られる。東京府東京市浅草区田中町(現・東京都台東区日本堤)に生まれる。3歳の頃に重い消化不良になり、一命は取りとめたものの、後遺症で軽い言語障害、知的障害に進行。 小学生の頃いじめに遭った際、ナイフで級友を傷つけたため、親からも心配されて千葉県東葛飾郡八幡町大字八幡(現:千葉県市川市八幡四丁目)[1]の知的障害児施設「八幡学園」へ収容される。この学園での生活で「ちぎり紙細工」に遭遇。これに没頭していく中で磨かれた才能は、精神病理学者の式場隆三郎たちからも愛された。そして1939年1月には、大阪の朝日記念会館ホールで展覧会が開催され、清の作品は多くの人々から賛嘆を浴びた。

八幡学園での在籍期間は長かったものの、そこでの生活に飽きたのか、脱走。放浪の旅へと出て行った(1940年から1954年まで)[2]。しかも、脱走の翌々年、受けることになっていた徴兵検査を受けたくなかったため、更に放浪を続けた[3]。21歳の時、食堂で手伝いをしていたところにやって来た八幡学園の職員によって、無理やり徴兵検査を受けさせられたが、兵役免除となる。この記録は『放浪日記』(1956年)にまとめられた。なお、この時のいでたちとして、テレビドラマなどの影響もあり、リュックを背負う姿はあまりにも有名であるが、実際にリュックを使っていた期間は2年程度と短く、当初はみかん箱を抱えての旅であり、その後風呂敷、リュックと変化していく。

驚異的な映像記憶力の持ち主で、「花火」「桜島」など行く先々の風景を、多くの貼絵に残している。とりわけ、花火が好きだった清は、花火大会開催を聞きつけると全国に足を運び、その時の感動した情景をそのまま作品に仕上げている。花火を手掛けた作品としては、『長岡の花火』が著名である。

しかし、旅先ではほとんど絵を描くことがなく、八幡学園や実家に帰ってから記憶を基に描くというスタイルだった。このエピソードから、清はサヴァン症候群であった可能性が高いといわれている。

戦後は「日本のゴッホ」、「裸の大将」とよばれた。1956年の東京大丸の「山下清展」をはじめ、全国巡回展が約130回開かれ、観客は500万人をこえた。1961年6月、式場隆三郎らとともに約40日間のヨーロッパ旅行に出発。各地の名所を絵に残した。

晩年には『東海道五十三次』の制作を志して、東京から京都までのスケッチ旅行に出掛けた。およそ5年の歳月をかけて55枚の作品を遺している。ただし、高血圧による眼底出血に見舞われ、その完成は危ぶまれていた。

1971年7月12日、脳出血のため49歳の若さで死去。

そのため、常磐線我孫子駅で販売されていた駅弁の包装紙のデザインは、四季をテーマに4種類依頼されたが、3種類しか作成されなかった。

元タレントで画家のジミー大西は、画廊で清の作品を観て感銘をうけたことを、テレビのトーク番組で多数語っている。日本の画壇では、竹久夢二と並んで人気の高さにもかかわらず、評価されていない画家とされる。

その人気の高さや、所属していた画壇がなかったために、その作品を鑑定できる者がいないこと、各地でお礼の為に作品を残したというテレビドラマの影響(実際には貼り絵はほぼ学園や自宅にて行っていて、遺族が保管)から、贋作を本物と偽った展覧会などが開催されることがある。