ivataxiの日記

絵 文章 映画

森てる昌さん

五社神社神官「森てる昌」さんは国学を「荷田春満」に師事した。国学者・家人でもある。次女が「森茂子」さん。彼女は「玉かしは」という歌集を残した浜松の女流家人。

森茂子さん

西来院に「築山御前」と「杉浦真崎」さんが埋葬されたとか。また、浜松の女流家人「森茂子」さんも埋葬されたとも。森茂子さんはどんな人?かわからない。五社神社神官・森てる昌の次女。夫は「杉浦国頭」の門下「袴田馬寿」とか。「玉かしは」という歌集が…

真崎2

どうも賀茂真淵の妻ではなさそうな「真崎」さん。京都伏見稲荷の神官「荷田春満」の妹夫婦「羽倉信元・茂子」の元に生まれたそうだ。荷田春満の元にいた頃、浜松から門下に入った「杉浦国頭(くにあきら)」の人柄を見込んだ、荷田春満が二人を引き合わせた…

真崎

「真崎」は荷田春満(かだのあずままろ)のメイ。この女性を妻にしたのは「賀茂真淵」と、ウイキペディアにはある。でも、別な資料では「杉浦国頭」の妻で、国学を浜松に広げた人物という。賀茂真淵は彼女から11歳で国学の手習いを受けたとも。事実と諸説が…

賀茂真淵 岡部家三男

賀茂真淵は岡部政信さんの三男として生まれた。賀茂神社の末社の神職を代々つとめた家。

敷智(ふち)郡

賀茂真淵の淵は、生まれた「敷智(ふち)郡」から取ったようだ。他に「淵満(ふちまろ)」とも称したようだ。

長命寺

サクラモチの「関東風」「江戸風」は「長命寺」。アンコを包む皮は小麦粉で練ったもの。江戸時代の隅田川沿いにある長命寺で考案されたようだ。サクラの葉っぱの掃除をしていて、リサイクルとしてのサクラモチを考案っしたようだ。長命寺の方が道明寺より少…

道明寺

サクラモチの「関西風」「上方風」は「道明寺」と呼ばれるようだ。「道明寺粉」を使い、お米の感触のツブツブが残る。戦国時代大阪道明寺の干し飯からの発展。塩漬けの葉。食べても食べなくてもかまわない。(ウイキ調べ)

マーベル

ラジオでマーベルコミックスのマンガを実写化する偉い人が出ていた。一人なのか二人なのかはわからない。「手塚治虫さんや宮崎駿さんを好き」というのかと思ったら「AKIRA」が日本のマンガで最高という。また、しばらく日本に滞在していて日本の「MANGA」を…

楽天カード活躍

楽天カード活躍 薬局では「10000円以上ですとサイン」という。回転寿司では、ポイントは別につけてくれたが、暗証番号が必要だった。スタンドではサインも暗証番号もいらなかった。

サクラ 和洋折衷

サクラは長持ちした今年。でも、さすがに雨では花散らし。寒さが戻り一進一退。半分くらい残ったそのままの姿のサクラ。アメリカでも日本から贈られたサクラにちなんで、桜色の和服のファッションショーが行われた。歴代サクラチャンピオンが並ぶ。若いサク…

夢 ハイヒール コイン

夢である。せこいが、床に散らばったコインを拾う。ハイヒールの跡は、深い細い穴になっていて、そこに入ったコインがなかなか取れない。でも、根気良くコインをむさぼる。

シュークリーム日和

シュークリーム日和 何か大切なことを忘れているような。 あ そうだ。シュークリームを食べたんだっけ。今日は寒いが先週は暖かくて、コンビニのプリペイドカードでシュークリームを買いに寄った。見つからないのでお店の人に聞く。「シュークリームは一つし…

ツイッター ロック

ツイッターがロック ツイッターは4つほどアカウントがあった。最初は一つが「凍結」された。そのアカウントな何もできないが、他のアカウントは通常通り使えた。最近、メイン?のアカウントがロックされた。そしてすべてのアカウントは使えなくなった。ツイ…

セルフスタンド 1円引き一回限り

セルフスタンド 1円引き一回限り 国道よりリッター5円高いけど、近いから行ってるセルフスタンド。2年前には、一枚のレシートで、期間内なら何度でも10リッター入れれば、リッターあたり1円値引きだった。今では、期間内、一枚で一回限り。世間は微妙にせち…

休日天気サクラ日和 選挙参加度

休日天気サクラ日和 選挙参加度 浜松は「来週までサクラは持たないだろう」という感じ。でも、日曜はお花見日和。風もなく能天気。浜松城公園はメッカ。出店もあるし、花見客が多いから、昼間からお酒を飲んで赤い顔していてもサクラの一輪。多くの人が外に…

外国の観光客が増えているような?

外国の観光客が増えているような? 浜松だけではないだろうが、外国の観光客が増えているようだ。少し前のアジアからの爆買いとも違う。体験型というか本来の海外旅行型。英語圏の人も増えた。学校で勉強しなかったことを今頃痛恨。でも、還暦脳には新しい言…

すぐ近く 咲くサクラ 散るサクラ

すぐ近く 咲くサクラ 散るサクラ 「入学式までサクラ咲いているかしら?」という声もあった。今日、入学式多し。サクラは残った。同じエリアでもすでに満開で散ったサクラもある。日当たり・風あたりなのか?個性の違いなのだろうか?ともかく、入学式の写真…

花散らしの雨?

花散らしの雨? 花粉や黄砂などで、クルマの表面が白っぽい。そこで腕まくり。昨日、久々の洗車。タイヤもね。浄化槽が下水工事でコンクリートで覆われ、外の水回りが変化。田舎なので「バキュームカー」に来てもらうのもかまわないのだが、市政が「イヤなら…

お札が変わる

お札が変わる 小渕総理は、官房長官で「年号発表」をし、総理で「お札を変更」もした。病死されたが、惜しまれた。ビートタケシさんは「オブチさんは、海水浴場のラーメンみたいな人だった。見るとそうでもないのに、食べると意外とうまかった」と。当時、50…

黒いマスク

最近黒いマスクも普通 あいかわらず「白い小さなガーゼのマスク」である。「白い」も「ガーゼ」も前時代。外国人だけでなく、最近では日本人も、黒・水色・ピンク・グレー・肌色などのマスクをしている。不織布だけではなく、布製も。「あれなら自分で縫える…

マスクの汚れ

マスクの汚れ 花粉は相変わらず多く飛んでいる。「ヒノキが多い」と、天気予報ではいう。スギが多いとぼくはダメらしい。マスクなしでも今は歩ける。夕方、くしゃみがひどくなりマスクをつけた。マスクなしだと唇も乾燥する。あとで、ひどく汚れていたのでび…

ネコ トカゲ

ネコ トカゲ 春。花が咲く。自宅のネコはハンティング。土から出て来てボンヤリしているトカゲをジビエ。一旦「捕まえた」と、自慢してから昼少し前のおやつタイム。

サクラ残る

サクラ残る 「サクラは来週まで花は持たないかな?」と、思った。でも、花冷えというか寒い日があり、意外にサクラは長持ちしている。お陰で入学式にはサクラの写真が写っていただろう。少し、花散らしのサクラも良い。川の土手を固めるために、川の両側に植…

小学生 ヘルメット

小学生 ヘルメット このあたりだけのことなのか、小学生はヘルメットをかぶって登校する。デザインは徐々に新しくなっている。そのまま自転車に乗れば、安全。他のエリアの人は違和感があるようだが。

地獄焼き

地獄焼き 聞いた話。タケノコを取って、そのまま焚き火に皮もむかずに入れて焼くのを「地獄焼き」というそうだ。

「令和」を予言した人

「令和」を予言した人 ネット上では「令和」を予言した人の話題。だいぶ前のことらしい。すごいを通り越して怖い。

浜松「くるる」が見えない

浜松「くるる」が見えない 浜松の巡回バス「くるる」。200円で乗れた。「乗れた」という過去形。3月一杯で廃止されたのだ。4月になってバス乗り場にあの赤い「くるる」の車体が見えない寂しさをどこかで感じてしまう。三ケ日で、同じ大きさだが「みかん色」…

バスの運転手さん 独り言

バスの運転手さん 独り言 「次、飛ばします」「右、回ります」「信号。停止します」「発射、します」などの声がマイクに入る。語尾はわざとかあいまいに。外に向けてのアナウンスは切り替えて。電車の運転手さんの独り言も面白いが、バスはバスなりに違う味…

夢 壁の穴

夢 壁の穴 夢である。最初はワンルームだと思っていたら、真ん中に壁が出現。気にしなかったが、真ん中に穴が開いている。パネルで隠せるのでパネルに気に入った絵を貼っておく。隣は親族。だが、入れ替わったので隣が気がかりに。